神奈川県を中心(・・・というより神奈川ばっかり)にボートを浮かべてます
2017年6月24日(土)  (report No.2017-15)

またも1週空いての釣行です
今年は去年より出航ペースが半分に落ちてます
今日は釣り日和!回数が少ない分、長く浮かぶつもりです
(1)釣り日和!
風もありません
(2)風なし!

出航地で萩の月さん、あごちゃん、プル丸さん、海夢さんと
今日の狙いなど楽しいビフォアフィッシングトーク
みなさん中深場だそうです

私は出航地目の前でイワシを確保してから、の目論見。
ところがイワシが見当たりません
時間をロスしたなーと思いながら中深場のポイントへ移動
そこには萩の月さんが先行してました
私も同じポイントでキンメを中心に狙うも魚信なし・・・
早々に見切って北上してみることにしました
ところがその後、萩の月さんはキンメを連発したのとこと!

  しまったー見切りが早すぎたか?

すこし焦る私にようやく来たいい魚信と引きの魚はスミヤキでした
スミヤキは美味しいのでお持ち帰り
(3)スミヤキ

その後もスミヤキらしき魚にエダスを切られ続けます
(4)スミヤキの顔
この鋭い歯が太いラインを切っちゃうんですよね

途中で仕掛けが落ちなくなり尋常でない引きを見せたのはシマガツオ(俗称エチオピア)
ダブルで掛かったので引きがさらに倍増して、何か大型の青物かと思いました
ダブルの次にまたダブル
あっというまにイケスがシマガツオでいっぱいに
(5)シマガツオ
この魚、フライにすると美味しいので持ち帰ることにします
4匹分あれば1ヶ月くらいは魚を買わなくて済むかも(笑)

・・・すでに出航から3時間近く経過してます

  それにしても赤い魚こないなー
  赤い魚、来いっ!

言ってみるもので願いが通じたのかようやく赤くなりました
(6)アカムツ

  さあ、これからだ!

気合いを入れ直したものの再び海は沈黙・・・
魚信が全くなくなっちゃいました

  こんなときはどうしよう・・・
  そう言えばこの時期、アコウが浅場にあがってくるって聞いたなー

私、今年こそアコウを釣る!というのが2017年の目標だってことを忘れてました(笑)

等水線図をよくみてアコウが深場から350mくらいの水深まで
上がってくるとしたらここか、というポイントに移動して仕掛けをおとしてみます

水深は360~380m
ほどなく魚信があったのですがギスでした
まあ、そんなにうまくはいくわけないですよね
それでもあきらめずにもう1投

何か重いものが掛かりました
でもあまりがんがんとは引きません
ギスとは違う、ドンコやトウジンにしては重すぎる、サメか?
途中重たい暴れ方をしていましたが水深200mで大暴れをしたあとは
あまり引かなくなりました
重たいだけになった仕掛けが海面まであがってきたので
海中を覗き込むと、

  あ、赤い、しかもデカい!

その赤い物体が浮き上がってきたと見る間にボコッと浮かびました!
(7)浮かびました!

  これは、もしや!?

アコウでした!!
(8)アコウGET!

かなり大きいです
(9)60cmアコウ
帰宅後測ったら60cm・2.85Kgありました
5本針の上から2本目に掛かっていたので
海底から少なくとも7m以上は浮いていたことになります
ちなみに1番下の針にはギスが付いてました

おかげでいままでの停滞感もどこかに吹き飛びました
1匹釣れると地獄から天国に行ける、これが釣り人ですよね
そして1匹釣ったらもう1匹、と思うのも釣り人(笑)
同じ海域をさらに探っていきます

・・・が釣れたのはギスとスミヤキ、シマガツオ
もう充分です。沖上がりすることにしました

本日の持ち帰り
  アコウ
  アカムツ
  スミヤキ
  シマカツオ×4
  サバ×4

帰宅後キッチンでアコウとアカムツを並べてみました
(10)アコウとアカムツ大きさ比較

アカムツも30cm以上あるのですが、アコウの存在感がハンパないです
アコウ以外も含めて捌くのが大変でした
特にアコウは捌き方がよくわからず悪戦苦闘しました
ちなみに胃袋には何も入ってませんでした
アコウの食性がわかるかも、と期待してたのですが。

アコウは俗称メヌケ(目抜け)というのだそうです
(11)確かに目が抜けてます
確かに目が飛び出てます
深場から上がってくるときに水圧変化に耐えられず目が飛び出るんだとか
だから水深200mを切ってから暴れなくなったのかな

  あーまた釣りたい!

やっぱり毎週浮かびたいなー


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:30 / 19:02
潮 大潮
干潮(時間)潮位(cm) 10:48(-3) / 23:06(96)
満潮(時間)潮位(cm) 3:46(161) / 17:54(157)
水温(朝7:00水深1m) 20.4℃



スポンサーサイト
|06-24|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(4)TOP↑
2017年6月10日(土)  (report No.2017-14)

最近の週末は単身赴任先の大阪にいることが増えてきて
なかなか海に浮かべません
しばらく浮かんでないと潮気が抜けて病気になっちゃいます
(浮かびすぎるとビョーキと言われちゃいますが(笑))

今週は横浜に帰ってこれたのですが
金曜夜・土曜夜に用事があり、
日曜夕方には大阪に戻らなくていけないので浮かべない・・・

  いや、土曜深夜に帰宅してから寝ないで行けばいいのでは?
  幸い?9時ごろから風が吹く予報なので早上がりしなくちゃいけないし
  日の出は4:30だからそれでも実釣3時間くらいはとれる

なんとか自分を納得させられたので徹夜で釣行
帰ってから少しでも長く睡眠時間をとれるように
我が家から2番目に近い出航地を選びました

現地につくと予報通り風はなし
(1)今のところ微風
波もなくパーフェクターは気持ちよく滑走します
(2)波穏やかー

でも9時には南風が強くなるはずなので
釣れても釣れなくても8時には沖上がりします(守れるかなー)

期待を込めて第1投
(3)第1投
狙いはアカムツです

すぐに魚信がありました!
心残りなく沖上がりする為に早めに1本釣っておきたいところ
わくわくしながら巻き上げたのですが途中で引きがなくなり
上げてみたらハリスが切れてました
おそらくはスミヤキだったのでしょう

第2投
素晴らしい魚信があり、力強い引きは間違いなく本命!
・・・と思ったら良型スミヤキのダブル
スミヤキもおいしいのでイケスに入ってもらっておきます

その後魚信が少なくなり、あちこちさ迷いながら仕掛けを落とすこと2時間余り。
(6)釣れんのう

徹夜明けのわりにあまり眠くもならず頑張った甲斐があり、
ようやく本命がきました
(4)2時間あまりでやっと1本

小型ではあるものの、うれしい1本。
これで心おきなく上がれます

このアカムツ、船上で開いて干してみました
(5)干しました
いい感じで干しあがり、かなり旨そう (^^)


やがて時刻が8時近くになりました
まだ風はそれほど吹いてませんが、安全・安心の為に予定通り沖上がり
片づけをしている間は無風だったので「もう少し粘れたか」とも思ったのですが
自宅に帰ってからかなり風が強くなりました
やっぱり早め早めに上がることが大事ですね


海上で遠目につれもて丸さんを見かけました
昨年末の忘年会以来だったのでお話したかったのですが
ご挨拶できず残念!


帰り道、ボート仲間から「翌日も浮かびます?」と甘く危険な悪魔の誘いが・・・
もう少しでその気になるとこでした。あぶないあぶない(笑)


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:26 / 18:56
潮 大潮
干潮(時間)潮位(cm) 11:29(20) / 23:43(94)
満潮(時間)潮位(cm) 4:27(169) / 18:13(168)



|06-09|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年5月27日(日)  (report No.2017-13)

またも間が開いてしまいました
最近浮かべてないなー
GWに吸収した潮気が全部抜けてしまいまた体調が悪いです
釣友たちはこの時期ならではのムギイカやアジ、タイ、ヒラメなど
多彩な釣りを楽しんでます

  このままでは病気になってしまう

そう思ってスケジュールを無理して土曜夜から寝ないでやってきました
出航地にはMomoGoさんやジュゴパパ・クランキーさん・海夢さん・8Gさん等が
準備中。ボート釣り談義に花が咲きます
この絶滅危惧趣味、生息数が少ないので話が合う方との
ひとときは非常に貴重な楽しい時間です

今日の海況はまずまず
(1)まずまずの海況
少し風がありますが問題ないレベル
(2)風少し

  まずはこの時期ならではのムギイカを・・・

とスッテを落としてみますが私のスッテには見向いてくれません
30分あまりで飽きてしまい中深場にGO
5月4日に新たに開拓したポイントを目指します

ところがまったく魚信がありません
本命の赤い魚どころか今日はギスさえお留守の様子
1時間半ほどしてようやくあった本命っぽい魚信はスミヤキでした
(3)スミヤキだった・・・
がっかり

  でもスミヤキも美味しいし、キープしとこう

(4)スミヤキ

そしてまさかこのスミヤキが最初で最後のイケスの住人に
なるとは思ってもみませんでした

ポイントを変えながら北へ南へ大きく移動しながら探ったのですが
釣れたのはギス×4、トウジン×1のみ
ついに気力が萎え沖上がりすることにしました

まさかスミヤキのアップで今回のブログを締めくくることになるとは
・・・トホホ
(5)スミヤキの顔

でもまあ、週末を力いっぱい遊びつくすというのは気持ちがいいなあ(笑)


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:32 / 18:50
潮 中潮
干潮(時間)潮位(cm) 12:28(-3)
満潮(時間)潮位(cm) 5:25(159) / 19:36(151)
水温(朝7:00水深1m) 20.4℃


|05-28|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年5月6日(土)

今日も浮かぼう!と思っていたのですが
昨日の天気予報を見て早々に断念
空いた時間で船外機のオイル交換をすることにしました
気がついてみたら昨年5月5日以来交換してませんでした
しかも「ギアオイルは少し汚れてるけど次回やればいいや」なんて書いてある

  こりゃまずい

というわけで2台あるエンジンのうち、まずは最近使用頻度の高い
8馬力・トーハツMFS8から

メンテ項目は以下の通り
 (1)エンジンオイルチェック→交換
 (2)ギアオイルチェック→交換
 (3)プロペラチェック
 (4)点火プラグチェック
 (5)キャブレター分解・清掃

(1)エンジンオイルチェック→交換

オイルを見てみるとやっぱりかなり汚れてます
(1)エンジンオイル汚れてます
しかも量が少し少ない

今回もオイルチェンジャーを使って上からオイルを抜きます
(2)オイルチェンジャー

出てきたオイルはまっ黒け
(3)エンジンオイルまっ黒け

交換したらすっかりきれいになりました
(4)8馬力 エンジンオイル交換後

(2)ギアオイルチェック→交換
ギアオイル注入ネジを緩めてみると、かなり黒い・・・
(5)8馬力 ギアオイル汚れてます

汚れたギアオイルを下から抜いて、さらに上から新しいオイルを少し入れて
中を清掃。その後下からギアオイルを満タンに注入して完了

(3)プロペラチェック
久しぶりにペラを外してチェック
(6)8馬力 ペラチェック

釣り糸も絡んでないし、きれいでした。よしOK

(4)点火プラグチェック
点火プラグは2本
両方外して清掃・チェック
(7)8馬力 点火プラグチェック
今回は大丈夫(だと思う)と判断してそのまま取付け

(5)キャブレター分解・清掃
さて、この際だからキャブレターも掃除しとこうか
(8)8馬力 キャブレター

以前SAMMYさんに教わったやり方を思い出しながら
キャブレターをおそるおそる分解・清掃
(9)8馬力 キャブレター分解清掃

元通りに取り付けて試運転
(10)8馬力 試運転

よし、ちゃんと動いた (^^)


続いて6馬力 トーハツMFS6

最近6馬力はほとんど使っていないのですが・・・

ギアオイルは、大丈夫(だと思う)。
(11)6馬力ギアオイルは大丈夫
今回は交換しないでもOKでしょう(きっと)

その後8馬力と同じようにチェック
ペラ・点火プラグ・エンジンオイル・・・
(12)6馬力 ペラチェック

全部汚れてませんでした
そりゃそうか、全然使ってないもの

6馬力も試運転してエンジンメンテ終了
次回はちゃんと半年後にやろう
ということは11月か。釣りにいそがしい時期だなあ(笑)


|05-06|MY Engineコメント(0)TOP↑
2017年5月5日(金)  (report No.2017-12)

今日はK2さんの知人の知人という伝手で
沼津にあるスロープをお試しで使わせてもらいにきました
(2)スロープ

このスロープ、幅は充分で傾斜も比較的緩やか
痛んでもいないので上げ下げがスムーズ
湾の奥にあり、突堤もあるので波も穏やかです
今日はお試しでしたが継続して使える条件を確認中です
出航地が限られるというこの趣味最大の課題解決になるといいのですが

さてボートを降ろした以上そのままでは帰れません(笑)

K2さんにゲストシートに乗っていただき風・波穏やかな内浦湾を滑走!
(1)2017年5月5日 K2さん

(4)風は向きが変わりました
(3)波ほとんどなし

何を狙おうかと思いましたが昨年9月3日にこの海域で釣った
アカムツポイントまで足を伸ばしてみることにしました

富士山が間近に見えて眺めが素晴らしいです
(5)富士山

この海域は朝のうち陸→海に風が吹き、
その後凪ぎに、そして昼辺りから海→陸に風が吹くことが多いようです
今日も朝時点では陸→海に吹いてます

  さあ釣りましょう

と釣り開始
案の定、海はベタ凪になりました
[広告] VPS


そして海の中も平和そのもの・・・魚にとってですが(笑)
釣れません
5時間やった結果は二人で

 サバ×1
 ギス×3
 タチモドキ×2
 ユメカサゴ、ドンコ
 ・・・のみ

あまりにも寂しい釣果でした
昼ごろから予想通り海→陸の風が強くなってきたので
内浦湾をクルージングしながら帰港、沖上がり
のんびりと片づけをしてから帰路につきました

(6)帰路へ

明日は風が強い予報なので釣行を早々に断念
GW釣行はこれにて終了
結局5回浮かべました
潮気の充填はひとまず完了、日曜日には大阪に戻ります

次はいつ浮かべるかなー


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:52 / 18:35
潮 長潮
干潮(時間)潮位(cm) 8:18(78) / 19:52(56)
満潮(時間)潮位(cm) 1:50(133) / 13:45(115)


|05-05|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(4)TOP↑
2017年5月4日(木)  (report No.2017-11)

久しくキンメを釣ってません
最近は先日やまげし丸さんから頂いただけ

  自分で釣ったキンメの煮付けを食べたい

今日こそはキンメを釣るぞと仕掛けを底まで落とさず棚を高くとり続ける覚悟です
(1)今日こそキンメを釣る!

棚を高く取るとキンメ以外の魚はほぼ掛からなくなるのですが
魚信が極端に少なくなるので待ちきれなくなるんですよね
ヒマな時間に耐えられるかなー(笑)

風はそよ風
(2)微風

若干うねりがありますが問題ないレベル
(3)若干の波あり

まずは一番の実績ポイント、先日やまげし丸さんが
キンメを釣ったポイントでスタート
第1投は5本針にサバ5匹の鈴なり
おかげで久しぶりにイケスに海水注入できました(笑)

それにしても今日も赤潮?がひどい
(4)赤潮

  これでは魚は元気ないかも

そのせいかどうか全く魚信なし
(5)魚信なし・・・

棚を高く取っているので仕方ないといえば仕方ないのですが
あまりにも魚信が少なすぎます

  こりゃだめだ
  ポイント移動しよう

少し南のポイントへ
ここでも魚信なし

さらに南へ
ここでも魚信なし
だめかと思って仕掛けを回収しようとしたら100mで暴れ出しました
上げてみたらキンメ
(6)キンメとったどー

37cmとまずまずの良型
釣ったー!という感覚はありませんがキンメはキンメです。OK!

お腹のなかからはいつものエビ(オキアミの一種?)が出てきました
(7)キンメの胃袋の中身

その後また魚信がなくなったのでさらに少し南下
相変わらず棚を高くして待っていると待望の魚信!
引きからして赤い魚に間違いない

上がってきたのはなんとアカムツでした
(8)アカムツゲットー

37cm。
5本針の上から2本目についてました
アカムツの棚も高い時は高いことがありますね

同じポイントを流しているとまたも魚信!
こんどこそキンメと思ったらまたもアカムツ31cm
(9)アカムツ2本目

これも上から2本目の針についてました
なんかアカムツの活性が高い?そして

  この顔つきは?

もしかして雄?と思いながら捌いてみると案の定オスでした
(10)雄でした

これって2日前と全く同じパターン
37cmのメスを釣ったあとに31cmのオス
もしかしてこの時期のアカムツはつがいで泳いでいるのかな?

もう少しキンメを狙おうかと思いましたが、一応お土産は確保できたので
今期ほとんどトライしていないヤリイカを探しにいきました

少し遠いヤリイカポイントについて仕掛けを投入
ところが風が少し出てきました
ちょっと不安になりながら30分ほど探ってみましたが反応なし
ひとりで遠くの海にいるのは不安なので帰ることにしました
粘らないと釣れないとも思いつつやっぱり安全優先です

出航地方面にもどりながら途中気になるポイントに仕掛けを落として
いきますが残念ながら追釣なし
さらに風が強くなる気配だったので潔く沖上がりしました

同じ海に浮かんでいたやまげし丸さんは本日ムギ・マルに専念
結果40杯を釣りあげてました。
さすがイカオヤジ!師匠の腕はあいかわらず冴えてます
そして船上干ししたムギイカをいただいちゃいました
ありがとうございます!


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:49 / 18:32
潮 小潮
干潮(時間)潮位(cm) 5:56(99) / 17:42(50)
満潮(時間)潮位(cm) 0:14(122) / 10:20(110)
水温(朝7:00水深1m) 16.8℃


|05-04|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年5月2日(火)  (report No.2017-10)

今日ははるか33年前、私が新入社員時の直属の上司だった
K2さんをゲストにお招きしての釣行です
(3)K2さん
どこの海に浮かぼうかと悩んだ結果GW初日に浮かんだ海を選択しました

連チャンで本命ボーズの私としてはせめて船頭としての実績をだすべく
何とかしてゲストには釣ってもらいたいところ・・・

ところが現地はやや風あり
(1)風少しあり

昨日の共有の影響か、だいぶうねりがあります
(2)やや波あり

でも大丈夫!
(4)頑張ります
日が昇って暖かくなるころには海もおだやかになるでしょう
と、それまでは浅場で久しぶりのアマダイ狙い

本命アマダイこそ釣れなかったものの
1時間ほどでカサゴや45cmの良型マサバなどを釣ってとりあえずお土産確保
今日は朝からイケスに魚が入りました(笑)

海が凪いだので沖へ
さあ、ゲストに赤い魚を釣ってもらいましょう!
実績ポイントを流します

今日は4/30の反省をもとに水中ランプはなし
光り物を少なくしてギスの目を避ける作戦です

ところがギス以外にこんな魚が釣れました
タチモドキ?
(5)タチモドキ無残
頭だけで残りは何者かに食われちゃってますが(笑)

K2さんにもタチモドキがかかり、大きく暴れるせいか
掛かるたびにお祭り、そしてPEラインを噛まれて高切れ
おかげでPEラインの200mロストが2回、仕掛けだけのロストが1回
開始早々釣りの続行も危うい事態に!

予備の竿とリールからラインを移植してかろうじて310mだけ
確保できたのでなんとか釣りを続行
本命が釣れたのは出航4時間後の9時前でした
(6)久しぶりのアカムツ

このアカムツ、やけにお腹が張っていると思ったら
胃袋にイワシのような魚が二つ折りになって入ってました
さらにオキアミのようなエビも
(7)アカムツのお腹の中身

アカムツの胃袋に何かが入っているのは珍しい上に
こんな大きなエサを食べているとはちょっとびっくりです

  1匹いればきっとまだ数匹はいるに違いない

そう思って同じラインを流し直します
すると30分後に2本目ゲット
(8)アカムツ2本目

31cmとやや小ぶりです

  この顔つきはもしや?

と思いながら捌いてみると黄色い卵巣ではなく、白い精巣がでてきました
(9)オスでした
珍しいアカムツのオスです
オスを釣ったのは昨年7月18日以来2度目
もしかしたら産卵期が近づいてオスがメスの群れに近寄ってきているのでしょうか?

  よし、今日はギスがいない。しかも時合いだ!

そう思って水中ランプをつけてアカムツにアピールする作戦に変更
とたんにギスが釣れちゃいました
やっぱりギスはいるんですね
ギスの活性が高い時は仕掛けをぴかぴか光らせちゃいけないのかなー

今日の海には赤潮が目立ちました
(10)赤潮
毎年この時期になるとでますね
何か生物の死骸なんだと思うのですがなんなのでしょう?

結局ゲストに本命は釣れませんでした
船頭失格!
(11)自撮り棒

というわけでK2さんとは近日リベンジ釣行の約束をしました!


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:51 / 18:30
潮 小潮
干潮(時間)潮位(cm) 2:20(100) / 15:11(29)
満潮(時間)潮位(cm) 7:35(132) / 22:51(123)


|05-02|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年4月30日(日)  (report No.2017-9)

昨日の惨敗のリベンジをすべく今日は別な海で中深場の赤い魚を狙います
なにしろ昨日帰宅したら「なんで釣ってこないの!」と家内に叱られたので(笑)

出航地にはやまげし丸さんが久しぶりに登場
今日ははなわさんもいっしょです
(5)やまげし丸さん
(6)はなわさん

この3人がいっしょになるのはいつ以来?
3人とも10年前、ほぼ同じ時期にボート釣りを始め
ボート釣り歴がだいたい同じのボート仲間なのです

さて今日の天気予報では11~12時ごろから南の風が強くなるので
今日も午前中だけの短時間釣行です
結果を出せるかなー

私は出航地から左へ、はなわさんとやまげし丸さんは右へ。
この海域を広くさぐってお互い情報交換しようという作戦です

風はまったくなし
(1)風なし
海もベタ凪です
(2)ベタ凪

気持ちよく最高速で滑走してポイントに到着
今日こそは!と気合いを入れて第1投
(3)気合い注入

いきなりいい魚信!・・・元気のいいギスでした
2投目も魚信!・・・活発なギスでした
3投目も!・・・腕白なギスでした

その後もずっとギスばかり
ギスが悪いわけじゃないし、ギスに罪はないと頭ではわかっているのですが
こうギスが続くと嫌になります

エサの位置は下から4~5mにしているのですがそれでもギス
棚を高くしてもギス
さらに棚を高くするとなにも魚信らなくなります

  ならばポイントを変えよう

と2か所・3か所とポイントを変えてもギス

ようやく違う魚が釣れたと思ったらトウジンでした
(4)トウジン

離れたポイントで釣っているやまげし丸さんは魚信がないとぼやいてましたが
ぽつぽつとアカムツ・キンメを釣ってます
はなわさんも苦戦してましたが上がり直前にアカムツを2本ゲット
ギスはほとんどいなかったそうです

  うーんポイントの選択を間違えたかー

結局最後の1投までギスを釣りあげて沖上がり
2日連続の本命ボーズに終わりました

  なんでギスぱっかりだったんだろう?

やまげし丸さん・はなわさんと比べて魚信の数は断然私のほうが
多かったと思います

数Km離れていたのでギスポイントではなかった?
・・・いえいえ私が上がり際にやまげし丸さんの近くで釣った時も
2連続でギスでした

では棚が低すぎた?
・・・一番下のエサの棚は4~5mにしていたのですがまだ低いのでしょうか

あるいは仕掛けにごてごてと装飾をつけすぎた?
・・・私の仕掛けとやまげし丸さん・はなわさんの違いは大きくは
水中ランプの有無
もしかして海中で目立ち過ぎて活性の高いギスに先に食われてたのでしょうか

悶々と自己反省をしていたら
心やさしいはなわさん・やまげし丸さんが貴重な釣果を
おすそ分けしてくれました
はなわさん・やまげし丸さんありがとうございます!
おかげで家族においしい魚を食べさせることができます
(あ、でもこのブログを書いている段階でまだ頂き物とは言ってません(笑))

さらにクランキーさんからなぜか冷凍つみれを一袋いただきました
ありがとうございます!
おかげでクーラーにはお土産がいっぱい(笑)


釣果はさんざんでしたが今日は10時ごろまではご覧の通りベタ凪
[広告] VPS


こんなのんびりした海に浮かぶだけで気分はサイコーです
昨日・今日の釣行で潮気を充分充填できました

・・・あ、そういえばここ2週間あまり悩まされていた
鼻水・咳が治ってます
やっぱり海は健康にいいなあ(笑)


本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:54 / 18:28
潮 中潮
干潮(時間)潮位(cm) 0:50(84) / 13:24(6)
満潮(時間)潮位(cm) 6:22(149) / 20:30(137)
水温(朝7:00水深1m) 15.8℃



|04-30|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年4月29日(土)  (report No.2017-8)

3月18日以来浮けてません・・・
6週間も海に浮かんでないと体から潮気が抜けてしまって元気がなくなります
その証拠に今年は花粉にやられたようで鼻水がとまりません

  これは健康のために浮かばなくては

そう思いながら過ごした4月の最期のさいごでようやく浮かべました!
あぶなく4月は1回も浮かべない所でしたー

GW初日の出航は砂浜から
(1)出航準備完了
久しぶりだけど準備の仕方は体が覚えてました(笑)

頑張ります!
(2)頑張ります!

・・・と自撮り棒で撮影(笑)

日の出を見るのも久しぶりです
(3)日の出を見るのも久しぶり
風は微風
(4)風は微風
でも今日は10時ごろから南西の風が急に強くなるとの
予報なのでいつも以上に気をつけなくては

ちなみに今日からサンダルです
(5)今日からサンダル
最初、ひやっとしましたがすぐに慣れました

  よーし釣るぞー!

狙いはやっぱり中深場の赤い魚
他の釣りはまず中深場をやってから考えます

  ・
  ・
  ・
 4時間経過
  ・
  ・
  ・

釣れん
(5)釣れない・・・

いえ、正確には釣れるんです
ほぼ毎回何らかの魚信はあるんですが
ギスだったりドンコだったり、ギンメ、シロムツ、ユメカサゴ、サメ
エダスを切るのはきっとスミヤキでしょう
外道オンパレードです

こんなのも釣れました
(6)タチモドキ

一瞬「タチウオだ!」と思いましたが
尻尾が二股になっています
(7)タチモドキの尻尾

残念、タチモドキでした

釣れないのはこの汚れのせい?
(8)海面にはクラドが

毎年暖かくなるとこの汚れが浮かびますが
中深場には関係ないと思うんだけどなー

その上、10時過ぎに高切れ
買ったばかりの水中ランプも含め仕掛け一式ロスト(涙)

  きっとこれは「もう上がりなさい」という啓示に違いない

そう思って沖上がり
結局イケスは使わないままでした
(9)イケスは未使用

片づけをしていると急に風がビュービュー吹き出しました

  あのタイミングで上がっててよかったー
  釣れてたら絶対延長して上がり遅れてたよね

・・・と自分を慰めながら帰途に着きました
もちろん帰りの車の中では明日の釣行のことしか考えませんでした(笑)



本日の天候データ(yahoo!天気情報より転載)
日の出/日の入り 4:55 / 18:27
潮 中潮
干潮(時間)潮位(cm) 0:12(73) / 12:39(1)
満潮(時間)潮位(cm) 5:50(153) / 19:34(146)




|04-29|釣行記(2017年・ボート釣り11年目)コメント(0)TOP↑
2017年4月20日~23日

釧路に行ってきました
(1)たんちょう釧路空港

仕事ではなく釣りでもなく、私のもうひとつの趣味の関係です
(2)釧路駅

でも釧路の街について最初に行ったのは
(3)釣り具センター釧路店

釣り具店!(笑)

  きっと釧路ならではの仕掛けがあるに違いない

そう思って入ったらやっぱりありました!

ほっけ・やなぎの舞仕掛け、ソイ・タラ根こそぎ仕掛け
(4)釧路仕掛け1
「根こそぎ」ってすごい(笑)

北海道五目
(5)釧路仕掛け2

カレイ仕掛け
(6)釧路仕掛け3

キュウリ・シシャモ・ニシン
(7)釧路仕掛け5

このタル付きトンボという金具は初めて見ました
(8)釧路仕掛け4


翌日、時折雪のちらつく釧路の街を歩いて釧路港へ
釧路魚市場で魚の水揚げを見れないかと思ったのですが
(11)釧路魚市場4
閑散として何もやってませんでした・・・

併設されているマリントポス(くしろ水産センター)も4月30日まではお休み
(12)マリントポス

うーん残念!


釧路の町中にはあちこちで魚を売ってました

メンメとはキンキのことだそうです
(13)メンメ=キンキ
夜、炉端焼きで頂いたら旨かったー

北海道名物コマイ
(14)コマイ=氷下魚

サケ
(15)サケ

トキシラズとは
(16)時知らず=サケ
春から夏にかけて、北海道沿岸で獲れる若いサケのことだそうです
脂がのっていて美味いとか

カニもあちこちで売ってました
(17)カニ

そして笑わせてくれたのがこれ
(18)UFOキャッチャー生カニVer

生きてるカニのUFOキャッチャー!(1回300円)
やろうかと思ったけど、捕れてもどうしようもないので
写真に撮るだけにしときました
あとから「捕ってるところを動画で」とリクエストもらいましたが(笑)

というわけで日曜夜に帰宅
あー今週も浮かべなかったー





|04-23|その他コメント(0)TOP↑

プロフィール

うみつる

Author:うみつる
 
2007年3月にボート釣りを始め、2017年3月で丸10年になります。

インフレータブルボート3艘・FRPを2艘乗り継いだあと、パーフェクターPF13に乗り換え、さらに2012年1月にまたパーフェクターPF13に乗り換えました。1級船舶免許を取得して8馬力エンジンでボート釣りを楽しんでます。

11年目ともなると「初心者」とも言えなくなったので、
ブログタイトルを「ボート釣り初心者の試行錯誤釣行記」
から「うみつるの試行錯誤ボート釣り日記」に変えました。
釣果はあいかわらず初心者クラスなんですが・・・(^^ゞ

出会う方すべてが釣りの師匠か先生か神様になってしまうボート釣り11年生です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード